メカノトランスダクション(mechanotransduction)

細胞の性質を制御する、機械的刺激によって活性化される生化学的シグナル。浸潤突起形成に関わる。*1*2

インテグリンカドヘリンは、それぞれ細胞内で様々なタンパク質と結合し、複合体を形成している。これらタンパク質複合体が、機械的刺激を知覚する役割(メカノセンシング)と機械的刺激を生化学的シグナルに変換する役割(メカノトランスダクション)を果たしている。*3

*1メカノトランスダクションによるES細胞の機能調節機構 - 生理学研究所: https://www.nips.ac.jp/research/seminar/2012/07/post-113.html
*2国立がん研究センター研究所 転移浸潤シグナル研究分野 山口英樹 がん細胞による浸潤突起形成の分子機構: http://www.jbsoc.or.jp/seika/wp-content/uploads/2013/05/84-01-05.pdf
*3細胞間メカノトランスダクション (生体の科学 67巻2号) | 医書.jp: https://webview.isho.jp/journal/detail/abs/10.11477/mf.2425200418?p=firstTab&englishFlg=2

メカノトランスダクションに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-05-23 (木) 07:52:25