健康用語WEB事典

メグスリノキ(acer maximowiczianum, acer nikoense)

樹皮にの疾患に対する治療効果を持つ成分を持つ、カエデ科カエデ属の木。山形〜宮城以南の深山に生息する日本固有の落葉高木。チョウジャノキセンリガンノキとも呼ばれる。*1*2

また、樹皮から抽出されるロドデンドロール障害の予防効果を発揮する成分のひとつ。*3

*1メグスリノキ|展示植物|新潟薬科大学 薬草・薬樹交流園: http://www2.nupals.ac.jp/yakusoen/picture_book/yj028.html
*2星薬科大学 薬用植物園 季節の薬草: http://w01www01.hoshi.ac.jp/yakusoen_new/kisetu/2006_1.html
*3星薬科大学 薬用植物園 トピックス: http://w01www01.hoshi.ac.jp/yakusoen_new/topics/megusuri.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


メグスリノキに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2018-03-19 (月) 18:00:52