健康用語WEB事典

メタケイ酸アルミン酸マグネシウム(magnesium aluminate metasilicate)

医薬品添加物のひとつ。制作用や抗潰瘍作用を持ち、制酸剤中和剤)として使用される。*1*2

一部の抗生物質テトラサイクリン系ニューキノロン系)の作用を弱める恐れがある。

*1統計数理研究所 ソリブジン事件の背景要因の実態調査 東京大学 横田知久馬: https://www.ism.ac.jp/editsec/toukei/pdf/43-1-191.pdf
*2厚生労働省:医薬品のリスクの程度の評価と情報提供の内容等に関する専門委員会の第5回資料: https://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/01/s0117-9d08.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


メタケイ酸アルミン酸マグネシウムに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-03-24 (火) 10:40:02