メタン(methane)

最も簡単な構造をもつ炭化水素。天然ガスの主成分。常温で無色無臭の気体。毒性はなく引火性を持つ。分子式は CH4 *1

メタンの化学構造

化学的に安定した正四面体構造を持つ。

二酸化炭素よりも強い温室効果を持つ。自然界では動物からの放出や、水田や湿地などで有機化合物細菌によって腐敗発酵)を受けて放出される。大気中のヒドロキシラジカルと反応して消滅する。*2*3*4

天然ガス≒メタンは、多くの家庭で調理として使われていますが、石油代替の資源として注目を浴びており、特に東日本大震災以降、安定な電気エネルギーを得る手段として、また、家庭で比較的手軽に使えるエネルギーとして、誰もが知っている身近な存在になっています。*5

メタンは天然ガスの主成分であり、その埋蔵量は石油に匹敵するが、一方で温暖化への寄与が単位分子あたり二酸化炭素の20倍以上あると言われている。現在、メタンはその大部分を燃焼に用い、一部は未使用のまま大気に放出されている。*6

ヒトの体内では腸内細菌によって産生されるガス。*7

海底にはメタンハイドレートとして存在する。*8

*1国立大学法人 大阪教育大学 第65章 実験-気体の炭化水素: http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~hiroakio/2008/08ko-065.html
*2東北大学大学院理学研究科 大気海洋変動観測研究センター メタン: http://caos.sakura.ne.jp/tgr/observation/ch4
*3横浜市 環境創造局 環境監視センター 用語解説:メタン(CH4): http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/mamoru/kanshi/worda/ch4.html
*4気象庁 | メタン: http://ds.data.jma.go.jp/ghg/kanshi/info_ch4.html
*5「The メタン」古くて新しいエネルギー: http://www.tagen.tohoku.ac.jp/labo/muramatsu/methane/
*6関根泰 メタンの選択的活性化による低温酸化反応: http://gazo.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gakui/cgi-bin/gazo.cgi?no=113785
*7methane | CH4 - PubChem: https://pubchem.ncbi.nlm.nih.gov/compound/methane#section=Top
*8つくば生物ジャーナル 2003 筑波大学生物学類 メタン酸化細菌の新規遺伝子と菌株の検索 中山裕士 (筑波大学 生物学類 4年)指導教官:神戸敏明 (筑波大学 応用生物化学系): http://www.biol.tsukuba.ac.jp/tjb/Vol2No2/TJB200302199900794.pdf

メタンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


添付ファイル: filemethane.png 閲覧数 133回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-01-30 (火) 12:24:23