健康用語WEB事典

メチルメチオニンスルホニウム(methylmethionine sulfonium)

メチオニン硫黄原子メチル化された誘導体。モルモットやヒトの潰瘍(ulcer)に対して治療効果のある物質として発見され、ビタミンUと呼ばれた。S-メチルメチオニンとも。商品名はキャベジン胃腸薬)。*1

メチルメチオニンスルホニウム(S-メチルメチオニン)の化学構造

キャベツに含まれるが、加熱によって失われる。ヘキソサミンを生成する作用を持ち、粘膜を保護する働きがある。*2*3

*1ファルマシア 小泉裕久 第23回 キャベジンコーワα: https://www.jstage.jst.go.jp/article/faruawpsj/52/3/52_246/_article/-char/ja/
*2第2回 キャベツで胃潰瘍がなおる? 聖マリアンナ医科大学: http://www.marianna-u.ac.jp/pharmacology/office/12751/014411.html
*3野菜と果物のお話~キャベツ: http://www.hoku-iryo-u.ac.jp/~maruho/2a-04kyabetu.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


メチルメチオニンスルホニウムに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileS-methylmethionine.png 閲覧数 77回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-12-22 (日) 19:31:08