健康用語WEB事典

メチル化カテキン(methylated catechin)

ガレート基を持つカテキンの、そのガレート基メチルエーテル化されたもの。

メチル化カテキンは,前述の多様な機能性が報告され,茶の主要なカテキンであるエビガロカテキン-3-O-ガレートEGCG)のガレート基の一部がメチルエーテル化された物質であり,マスト細胞好塩基球内の高親和性IgEレセプター発現を抑制したり,情報伝達系を阻害することでマスト細胞の活性化を抑え,ヒスタミンの遊離を抑制することもわかった.*1

メチル化カテキンの効果を確認する二重盲検試験では、ヒスタミンに依存するとされるくしゃみ鼻汁の痒みなどが抑えられるという結果が報告されている。

*1CiNii 論文 -  メチル化カテキンの抗アレルギー作用と「べにふうき」緑茶の開発(プロジェクト・バイオ): http://ci.nii.ac.jp/naid/110006623913

ご意見・ご要望をお聞かせください。


メチル化カテキンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:07:58