健康用語WEB事典

メトヘモグロビン

ヘモグロビンヘム鉄が酸化され3価の状態となり、酸素と結合する能力を失ったもの。*1

通常、メトヘモグロビンは全ヘモグロビンのうちの1%以下であり、速やかにメトヘモグロビン還元酵素?によって2価鉄のオキシヘモグロビンになる。

メトヘモグロビン還元酵素?が異常を起こし、メトヘモグロビンが正常に還元されなくなると、メトヘモグロビン血症を発症する。

*1名古屋学院大学 メトヘモグロビン血症: http://www.inside.ngu.ac.jp/hp/hyper/disease/D724.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


メトヘモグロビンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:07:59