健康用語WEB事典

メトヘモグロビン血症

血液中のヘモグロビンメトヘモグロビンに変化して酸素運搬能力を失う症状。ブルーベビー症候群?とも呼ばれる。*1

血液中のメトヘモグロビンの濃度が 1.5g/dl(全ヘモグロビンの10%)以上になると明らかなチアノーゼが起こり、35%以上になると頭痛、呼吸困難など、60~70%以上では死に至る。*2

異常ヘモグロビン症先天性メトヘモグロビン還元酵素欠損症?が原因のもの、薬物などによる後天性(中毒性)メトヘモグロビン血症など。

*12-2 水質汚染物質,硝酸の発生と流れを追う: http://hydro.iis.u-tokyo.ac.jp/OpenHouse/2/2-2.html
*2名古屋学院大学 メトヘモグロビン血症: http://www.inside.ngu.ac.jp/hp/hyper/disease/D724.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


メトヘモグロビン血症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:07:59