健康用語WEB事典

メベンダゾール(mebendazole)

ベンゾイミダゾール誘導体鞭虫症に対する駆虫薬寄生虫に対する微小管阻害、グルコース取込み阻害、グリコーゲン合成抑制、ATP合成抑制などの作用を示す。*1

メベンダゾールの化学構造

作用機序は寄生虫グルコース摂取を阻害することによるため,虫体の排出は投与後数日たってからみられる。また腸管からほとんど吸収されないため,重篤な副作用はない。その駆虫効果は本邦及び欧米の報告によると,約75〜90%とされている。*2

*1メベンダゾール錠100: https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/6429005F1026_1_08/
*2IRUCAA@TDC : 大腸内視鏡検査時に発見された鞭虫症の一例: http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2218

ご意見・ご要望をお聞かせください。


メベンダゾールに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filemebendazol.png 閲覧数 114回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-12-27 (金) 15:55:25