健康用語WEB事典

メマンチン(memantine)

NMDA受容体拮抗薬アンタゴニスト)。アルツハイマー病の治療。商品名はメマリー*1

メマンチンの化学構造

に局在するNMDA受容体を阻害し、グルタミン酸による興奮性神経伝達の過剰興奮を抑え、シナプス伝達ノイズを除去すると考えられている。また、ATP感受性カリウムチャネルKir6.1/Kir6.2)を阻害することが知られている。この結果としてCaMKⅡを活性化して、認知および記憶を改善することが報告されている。*2

*1脳の海馬歯状回の新しい神経細胞が記憶の忘却を促進することを発見 幼児期健忘の脳内メカニズムの解明に前進 | Topics | 藤田保健衛生大学 総合医科学研究所: http://www.fujita-hu.ac.jp/ICMS/topics/ngforget/index.html
*2東北大学大学院薬学研究科 メマンチンは脳インスリンシグナルを改善する アルツハイマー病の糖尿病仮説の実証: http://www.pharm.tohoku.ac.jp/info/file/20161104.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


メマンチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filememantine.png 閲覧数 35回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-09-11 (金) 08:37:55