健康用語WEB事典

メラノコルチン(melanocortin)

プロオピオメラノコルチン前駆体とする、以下4つのホルモンの総称。

メラノトロピン副腎皮質刺激ホルモンとでは、プロセシングの過程が異なる。*1

α-MSH, β-MSH, γ-MSH?, ACTH受容体に結合することにより,皮膚の黒色化,抗炎症作用,エネルギーホメオスタシス生殖?機能など多くの生理現象に関与するということが知られている。これらのペプチドリガンドとするメラノコルチン受容体にはMC1RからMC5R?までの5種類の受容体が同定されている。*2

*1KAKEN — 研究課題をさがす | プロオピオメラノコルチン細胞の分化過程におけるプロセシング酵素の挙動と細胞内局在 (KAKENHI-PROJECT-04670002): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-04670002/
*2岡山大学 理学部生物学科 研究成果(内分泌研究室)ラットやマウスにおけるメラノコルチンシステムの解析: http://www.biol.okayama-u.ac.jp/cccrg/endocrine/result.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


メラノコルチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-03-07 (水) 08:56:11