メリビオサミン(melibiosamine)

ガラクトースグルコサミンα-1,6結合した二糖類。2002年に合成され、がん細胞アポトーシスを誘導することが報告されている。*1*2

*1順天堂スポーツ健康科学研究 糖類が秘める生体内機能 Ⅱ.新しいオリゴ糖への期待: https://www.juntendo.ac.jp/hss/sp/albums/abm.php?f=abm00007776.pdf&n=vol63_p10.pdf
*2順天堂大学スポーツ健康科学研究 第11号 (2007) 有用発酵菌が持つ糖鎖分解酵素の逆反応を利用したアミノ糖含有オリゴ糖合成と食品への応用: https://www.juntendo.ac.jp/hss/sp/albums/abm.php?f=abm00008286.pdf&n=vol11_p122.pdf

メリビオサミンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-10-09 (水) 18:23:10