健康用語WEB事典

メンブレントラフィック(membrane traffic)

生体膜の分裂や融合により、細胞膜細胞小器官の間、または細胞小器官同士の間で分子が移動する過程のこと。

代表的なものに小胞輸送がある。

メンブレントラフィック(membrane traffic)とは、膜の分裂や融合により、細胞膜オルガネラの間、あるいはオルガネラ同士の間で分子が移動する過程を指します。小胞輸送(図2)がよく知られていますが、メンブレントラフィックにはオルガネラ間の直接融合を含む多様な方式が存在します。いずれの方式も膜融合を伴うので、メンブレントラフィックを膜融合型輸送と呼んでも良いでしょう。...

すでに述べたように、メンブレントラフィック=小胞輸送ではありません。例えばエンドソーム系やオートファジーでは別の輸送形式が使われています(詳しくは、各輸送経路の章で述べます)。 *1

*1吉森研究室 | 大阪大学大学院 生命機能研究科 細胞内膜動態研究室/医学系研究科 遺伝学教室: http://www.fbs.osaka-u.ac.jp/labs/yoshimori/jp/research/020/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


メンブレントラフィックに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:08:01