健康用語WEB事典

モノアシルグリセロール(monoacylglycerol)

グリセリンが持つヒドロキシ基に1つの脂肪酸エステル結合した構造を持つ脂質モノグリセリドとも呼ばれる。

脂肪酸が結合する位置に違いよる以下の構造異性体が存在する。

食物として取り込まれたトリアシルグリセロールは、小腸内で胆汁酸の働きによってまずミセル化を受ける。ミセル化したトリアシルグリセロール膵リパーゼの働きによって腸管内でモノアシルグリセロール(主として2-モノアシルグリセロール)と脂肪酸加水分解された後、小腸上皮細胞に吸収される。吸収されたモノアシルグリセロール小腸細胞内で最終的にトリアシルグリセロールに再合成される。*1

*1トリアシルグリセロール合成に関与するアシル基転移酵素の研究 大阪市立大学大学院 工学研究科 平峯靖: https://dlisv03.media.osaka-cu.ac.jp/contents/osakacu/kiyo/111TD0000243.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


モノアシルグリセロールに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:08:02