健康用語WEB事典

モミラクトン(momilactone)

イネやハイゴケが分泌するファイトアレキシン*1*2

モミラクトンA(momilactone A)

モミラクトンのひとつ。cyn-コパリル二リン酸?から生合成され、モミラクトンB前駆体となる。アレロパシー活性はモミラクトンBに比べて極めて弱い。*3

モミラクトンB(momilactone B)

モミラクトンのひとつ。アレロパシー活性を持つ。前駆体モミラクトンA

モミラクトンBの化学構造

イネのモミラクトンBの生合成分泌量は紫外線照射や重金属ジャスモン酸エリシターなどによって増加することが報告されている。*4

*1植物の自己防御物質フィトアレキシンの多様性 植物は自ら作る多様な抗菌性物質で病原菌に対抗する 茨城大学農学部 長谷川守文: https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu/55/8/55_547/_pdf
*2加藤尚 イネの根からのアレロパシー物質モミラクトンの分泌: https://www.jstage.jst.go.jp/article/rootres/25/1/25_5/_article/-char/ja/
*3加藤尚 イネの根からのアレロパシー物質モミラクトンの分泌: https://www.jstage.jst.go.jp/article/rootres/25/1/25_5/_article/-char/ja/
*4加藤尚 イネの根からのアレロパシー物質モミラクトンの分泌: https://www.jstage.jst.go.jp/article/rootres/25/1/25_5/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


モミラクトンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-04-27 (月) 11:09:47