健康用語WEB事典

ユークロマチン(euchromatin)

緩まった状態のクロマチン転写が活性化された領域。この状態でDNAの情報を読み出すことができる。*1

逆に、クロマチン構造がきつく凝集していて、遺伝子転写が抑制された領域はヘテロクロマチンと呼ばれる。

*1ヘテロクロマチンタンパク質の新たな機能の発見: https://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/2014/20140929-1.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ユークロマチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-11-20 (水) 07:50:16