健康用語WEB事典

ヨヒンビン(yohimbine)

西アフリカの植物であるヨヒンベに含まれるアルカロイドα2B受容体に対する拮抗作用を持ち、男性器血管を拡張し勃起させる作用を持つ。薬事法で劇薬に指定されている。*1*2

ヨヒンビンの化学構造
*1金沢大学 薬学類・創薬科学類 「バイアグラより副作用少ない」 男性機能回復に新薬 金大大学院・染井教授 特許を出願: http://www.p.kanazawa-u.ac.jp/research/digest/20041117.html
*2KAKEN — 研究課題をさがす | 脳血管内交感神経α2B受容体活性化の脳血管スパズム及び脳梗塞発症への関与 (KAKENHI-PROJECT-16591561): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-16591561/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ヨヒンビンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileyohimbine.png 閲覧数 75回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-11-07 (木) 08:20:00