健康用語WEB事典

ラウリン酸(lauric acid)

炭素数12の飽和脂肪酸。融点は43.6℃で常温では固体。*1

ラウリン酸の化学構造

ヤシ油ココナッツ油母乳に含まれる。*2

腹腔マクロファージに対し、IL-1βIL-6MIFなどの産生を誘導する。*3

*1蓄熱媒体としての機能性マイクロカプセルの開発 : 潜熱蓄熱剤の基礎的特性の評価: http://ir.kagoshima-u.ac.jp/bitstream/10232/583/1/KJ00002413450.pdf
*2東邦大学医療センター大橋病院 栄養部 ココナッツオイル: https://www.lab.toho-u.ac.jp/med/ohashi/eiyobu/blog/tjoimi0000001lw0.html
*3KAKEN — 研究課題をさがす | ラウリル酸の炎症メディエーター産生増強作用とリスクアセスメント (KAKENHI-PROJECT-16613004): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-16613004/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ラウリン酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filelauric_acid.png 閲覧数 150回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-06-27 (土) 08:29:54