ラクツロース(lactulose)

ガラクトースフルクトースから構成される二糖類

ラクツロースの化学構造

ヒトはラクツロースを分解する酵素を持たないためほとんど吸収されない。下部消化管では細菌によって分解されて有機酸乳酸酢酸など)が生成され、これらが消化管pHを低下させる結果、乳酸菌産生の促進や緩下作用、アンモニア産生量の減少、腸管吸収の抑制などが起こる。高アンモニア血症の治療薬や下剤の有効成分となる。商品名はモニラックリフォロースなど。*1*2

アカルボースと併用すると消化管への副作用が増強される恐れがある。

*1薬物相互作用(13―下剤の薬物相互作用)岡山大学医学部・歯学部附属病院 薬剤部 横張英子 岡崎昌利 千堂年昭: https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma/120/2/120_2_223/_pdf
*2リフォロースシロップ65%: http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3999001Q2074_1_05/

ラクツロースに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


添付ファイル: filelactulose.png 閲覧数 107回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-05-26 (日) 10:13:25