ラクトース(lactose)

グルコースβ-D-グルコース)とガラクトース(β-D-ガラクトース)がβ-1,4結合した二糖類分子式は C12H22O11*1*2

ラクトースの化学構造

哺乳類の中の主なであり、乳糖とも呼ばれる。母乳には約7%、人工乳には5~8%のラクトースが含まれる。

ラクトースはラクターゼによってグルコースガラクトースに分解されて吸収される。ラクターゼが少なくなると乳糖不耐症が起こる。*3

遊離しているミュータンス菌はラクトースからを生成できるが、バイオフィルム中のミュータンス菌によるラクトースの代謝は、スクロースグルコースと比べると少ないとされる。しかし、長期間のラクトースの摂取は口腔細菌によるラクトース代謝を引き起こす恐れがあると指摘されており、虫歯の原因にならないとは言えない。*4

*1生体分子化学 徳島文理大学薬学部 江角朋之: http://p.bunri-u.ac.jp/lab23/esumi/BioMolChem1.pdf
*2国立大学法人 岡山大学 糖質: http://www.cc.okayama-u.ac.jp/~jo25/print/02n2.htm
*3国立遺伝学研究所 乳糖不耐症そしてラクターゼ持続症: http://humgen.lab.nig.ac.jp/inoueColumn_01.php
*4小児歯科学雑誌 グルカンバイオフィルムモデルにおけるミュータンスレンサ球菌の酸産生 佐藤恭子 星野倫範, 藤原卓: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jspd1963/45/3/45_412/_article/-char/ja/

ラクトースに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


添付ファイル: filelactose.png 閲覧数 644回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-08-05 (日) 09:28:53