健康用語WEB事典

ラサギリン(rasagiline)

パーキンソン病の治療薬。非可逆的かつ選択的なMAO-B阻害作用を持ち、線条体における細胞ドーパミン濃度を増加させる。商品名はアジレクト*1

ラサギリンの化学構造

一日一回の服用で、用量調節の必要がないという利点を持つ。ウェアリング・オフ現象の抑制効果を持つ。神経保護作用を有することが示唆されている。*2

*1アジレクト錠1mg/アジレクト錠0.5mg: http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1169017F1025_1_05/
*2大阪医科大学附属病院 病院ニュース 第54号: http://hospital.osaka-med.ac.jp/informations/letters/pdf/201810_54_02.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ラサギリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




添付ファイル: filerasagiline.png 閲覧数 125回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-10-20 (日) 10:49:46