ラジカル(radical)

原子や分子、イオンなどが不対電子を持つもの。不安定であり化学反応を起こしやすい。*1

電子のスピン多重度が二重項状態であるため二重項とも呼ばれる。*2

一酸化窒素一重項酸素、生体内の金属イオンなどのラジカルは、活性酸素としての酸化作用を持つ。

ラジカル(2重項分子):ペアをつくっている電子の1個がとれた状態...

マンガンなどの金属イオンは最外殻の電子軌道(3d軌道)にペアになっていない電子をもち、一種のラジカル

生体内の遊離金属は危険*3

*1北海道大学 大学院農学研究院 応用生命科学部門 食品機能化学研究室 化学Ⅱ第8章: http://www.agr.hokudai.ac.jp/fbc/lecture_files/2016kagaku_1125.pdf
*2広島大学 大学院工学研究科 教授 三好明 2012 年度「物理化学Ⅱ」講義ノート 5–1: http://akrmys.com/PhCh2012/docs/note/note05.pdf
*3活性酸素の生化学: http://www.tokushima-u.ac.jp/med/culture/sutoresu/info/2013102800018/files/1002.pdf

ラジカルに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:08:06