ラセミ体(racemate)

互いにエナンチオマーである2つの化合物D体L体R体S体)が同じ量含まれる混合物のこと。*1

エナンチオマーのひとつの半数が変換されてラセミ体となることをラセミ化と呼ぶ。

医薬品では、R体S体で異なる作用が現れる場合があり問題となるため、不斉合成によって、一方のエナンチオマーのみを合成する必要がある。

サリドマイド催眠鎮静薬として開発され、ラセミ体として販売されていました。薬害が問題となった後に、一方の鏡像異性体は望みの効果(鎮静作用)を示しますが、もう一方の鏡像異性体が非常に強い催奇性?をもち胎児に異常を引き起こす原因となることが報告されました。*2

*1痛みと鎮痛の基礎知識 - Pain Relief: http://www.shiga-med.ac.jp/~koyama/analgesia/basic-isomer.html
*2(株)化学同人 京都大学大学院薬学研究科 くすりをつくる研究者の仕事 薬のネタ探しから私たちに届くまで 2017/3/30

ラセミ体に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-03-31 (土) 10:46:10