健康用語WEB事典

ラタノプロスト(latanoprost)

眼圧下降作用を持つプロスタグランジンF2α誘導体プロスタグランジンF2αの17位にフェニル基を導入することによりFP受容体への選択性を向上させたもの。緑内障の治療薬となる。商品名はキサラタン点眼液)。*1*2

ラタノプロストの化学構造

眼圧下降作用には個人差があることが知られており、これはプロスタグランジンF2α受容体遺伝子プロモーターおよび第一イントロン遺伝子多型が関係していることが報告されている。*3

*1岡山大学医学部附属病院 薬剤部薬品情報室発行 薬の窓口 緑内障とはどんな病気?: http://pharm.hospital.okayama-u.ac.jp/wp-content/uploads/2013/02/mado265-1.pdf
*2新規緑内障治療薬ラタノプロスト(キサラタン®)の薬理作用: https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj1944/115/5/115_5_280/_article/-char/ja/
*3KAKEN — 研究課題をさがす | ラタノプロストの眼圧下降作用を規定する遺伝子多型の解析 (KAKENHI-PROJECT-17591826): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-17591826/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ラタノプロストに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




添付ファイル: filelatanoprost.png 閲覧数 126回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-05-19 (日) 13:03:30