健康用語WEB事典

ラッサ熱(Lassa fever)

ラッサウイルスによるウイルス性出血熱。1969年にナイジェリア北東部のラッサ村で初めて確認された。

7~18日の潜伏期間の後、発熱と全身倦怠感が最初に現れ、朝夕に39~41℃の高熱が出る。3~4日目には大きな関節痛み腰痛が現れる。その他、頭痛痛み腹痛嘔吐下痢背中痛みなども見られる。重症化すると消化管粘膜の出血やショックなどが起こる。*1

治療薬はリバビリン

*1長崎大学感染症共同研究拠点 新興・再興感染症 ラッサ熱:https://www.ccpid.nagasaki-u.ac.jp/wp-content/uploads/2017/09/newsletter10_Part4.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ラッサ熱に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-12-13 (金) 15:56:47