健康用語WEB事典

ラテロパルジョン(lateropulsion)

側方への姿勢制御が障害され、それによる立位および歩行の障害が起こる状態。病巣側に身体が不随意に倒れる。前庭脊髄路脊髄小脳路などが責任病巣とされている。*1*2

延髄外側の梗塞・損傷やワレンベルグ症候群において見られる。*3

タグ: 姿勢 脊髄

*1延髄外側部梗塞により Lateropulsion を呈した症例に対する重錘荷重歩行訓練の治療効果の検討 天心堂へつぎ病院 佐藤亮太: https://www.jstage.jst.go.jp/article/kyushuptot/2017/0/2017_151/_pdf
*2日本理学療法士協会 延髄外側梗塞によりlateropulsionを呈した症例に対する触圧覚刺激の即時効果について: https://www.jstage.jst.go.jp/article/cjpt/46S1/0/46S1_E-145_2/_article/-char/ja/
*3脳機能を考慮した理学療法思考プロセス Isolated lateropulsionを呈した症例 広南病院リハビリテーション科 阿部浩明: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jrn/11/0/11_20110101/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ラテロパルジョンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-11-11 (水) 08:19:53