健康用語WEB事典

ラノステロール(lanosterol)

ステロイドステロール)のひとつ。トリテルペン分子式は C30H50O

ラノステロールの化学構造

コレステロール生合成における中間代謝産物であり、アセチルCoAからメバロン酸スクアレンを経てラノステロールができる。*1

水晶体に存在し、白内障の原因となる変異したクリスタリン細胞内での凝集を防止できるとされる。*2

*1栄養学で用いられる借用語について(その4)坂田美和 池添博彦: https://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20180320093022.pdf?id=ART0010003429
*2Nature ハイライト:ラノステロールで白内障形成を妨げる | Nature | Nature Research: https://www.natureasia.com/ja-jp/nature/highlights/66116

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ラノステロールに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filelanosterol.png 閲覧数 303回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-03-20 (火) 12:20:03