健康用語WEB事典

ラパチニブ(lapatinib)

細胞内ドメインチロシンキナーゼを阻害する抗がん剤。商品名はタイケルブ

ラパチニブの化学構造

EGFRおよびHER2チロシン自己リン酸化を選択的かつ可逆的に阻害することによりアポトーシスを誘導し、腫瘍の増殖を抑制する。*1

トラスツズマブ耐性乳がんに対して効果を発揮する例が報告されている。*2

*1タイケルブ錠250mg: https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/4291022F1026_2_04/
*2トラスツズマブ耐性再発乳癌においてラパチニブが著効した1例 藤井孝明 矢島玲奈 須藤利永 森田廣樹 堤荘一 桑野博行(群馬大院・医・病態総合外科学): https://gair.media.gunma-u.ac.jp/dspace/bitstream/10087/9348/1/65_93_15.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ラパチニブに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filelapatinib.png 閲覧数 168回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-11-17 (日) 09:14:22