ラフチジン(lafutidine)

消化管炎症消化性潰瘍の治療薬。粘膜壁細胞H2受容体拮抗薬*1

ラフチジンの化学構造

カプサイシン感受性知覚神経を介して粘液分泌促進作用および粘膜血流増加作用を示すとされる。

中毒症状として幻覚幻視、異常発言などの精神神経症状が報告されている。*2

*1ラフチジン錠5mg「サワイ」/ラフチジン錠10mg「サワイ」: http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2325006F1087_1_01
*2ラフチジンによって精神神経症状を発現した2透析症例: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsdt1994/38/3/38_3_213/_article/-char/ja/

ラフチジンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


添付ファイル: filelafutidine.png [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-10-21 (月) 16:28:43