ラミブジン(lamivudine)

HIVB型肝炎ウイルスに対する抗ウイルス薬。細胞内でリン酸化され、HIV感染細胞内でHIVHBV逆転写酵素によってウイルスDNA鎖に取り込まれ、DNA鎖の伸長を停止することによりHIVの複製を阻害する。商品名はエプジコムゼフィックスエピビルコンビビル*1*2

ラミブジンの化学構造
*1エプジコム配合錠: http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/6250102F1031_2_07/
*2ゼフィックス錠100: http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/6250020F1023_1_15/

ラミブジンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


添付ファイル: filelamivudine.png 閲覧数 4回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-10-18 (金) 12:25:06