健康用語WEB事典

ラムナン硫酸(rhamnan sulfate)

ヒトエグサに含まれる、血管炎症を抑制する作用を持つ多糖類。主にL-ラムノースから構成される。*1*2

*1鈴鹿医療科学大学 アオサに様々な病気の要因になる血管の炎症を抑える作用 生活習慣病予防の可能性: https://www.suzuka-u.ac.jp/wp-content/uploads/2019/02/2019%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E8%B3%87%E6%96%99%EF%BC%8820190226%EF%BC%89%E6%9C%80%E7%B5%82.pdf
*2日本食品科学工学会誌 養殖ヒトエグサから分離したラムナン硫酸の構造特性: https://www.jstage.jst.go.jp/article/nskkk/58/6/58_6_245/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ラムナン硫酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-03-08 (日) 07:14:33