健康用語WEB事典

ラメリポディン(lamellipodin)

アクチン骨格の安定化に関わるタンパク質M-Rasはラメリポディンに結合し、それを樹状突起の先端の細胞膜へ運ぶことで、そこでのアクチン骨格系の伸長を促進する。*1

*1神経細胞の樹状突起が脳内の「道しるべ」を感知する仕組みを発見 — 京都大学: http://www.kyoto-u.ac.jp/static/ja/news_data/h/h1/news6/2012/120613_3.htm

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ラメリポディンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-10-06 (日) 14:14:11