ランゲルハンス細胞(Langerhans cell)

表皮有棘層)に存在する樹状細胞表皮の約2%を占め、1mm2あたり約1000個存在する。*1

1868年にパウル・ランゲルハンス(Paul Langerhans)によって発見された。後にそれが樹状細胞であることを確認したのはラルフ・マーヴィン・スタインマン(Ralph Marvin Steinman)である。*2

皮膚細菌感染が生じると、その細菌を取り込み、リンパ節に移動して抗原提示細胞として働く。*3

*1接触皮膚炎と樹状細胞の最新知見 椛島健治: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsci/33/4/33_4_174/_pdf
*2東邦出版 星野泰三 吉田朋子 共著 がんのプレシジョン免疫学(2017/8/21)
*3西東社 カラー図解 免疫学の基本がわかる事典 鈴木隆二(2015/6/3): https://amzn.to/2SW7bg

ランゲルハンス細胞に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-04-23 (火) 09:29:29