ランビエ絞輪(nodes of Ranvier)

神経軸索を包む髄鞘が中断して括れている部分。数十μmの間隔で複数存在する。*1

有髄線維ではランビエ絞輪でのみ膜電位の変化が起こればよく、素早い情報伝達が可能。

*1中部学院大学大学院 三上研究室 神経線維の信号伝達のスピード: http://web2.chubu-gu.ac.jp/web_labo/mikami/brain/12/index-12.html

ランビエ絞輪に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-05-01 (水) 12:40:35