リウマトイド因子(rheumatoid factor)

関節リウマチなどで現れる自己抗体リウマチ因子とも。*1

リウマトイド因子の定義は以下の通り。*2

B細胞から分泌される。

炎症をおこした関節滑膜組織には、Bリンパ球もいて、リウマトイド因子とよばれる免疫グロブリン抗体とも呼びます)を大量に分泌し、抗原抗体からなる免疫複合体を作って補体を活性化して、さらに好中球をも刺激しています。*3

*1近畿大学医学部免疫学教室 事例の解説: http://www.med.kindai.ac.jp/immuno/jirei2013.pdf
*2岡山大学病院 検査部/輸血部 リュウマチ因子(RF): https://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/kensa/protein/rf.htm
*3研究内容 | 国立大学法人 東京医科歯科大学 膠原病・リウマチ内科: http://www.tmd.ac.jp/grad/rheu/research/develop.html

リウマトイド因子に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-09-08 (土) 07:41:45