リガンド依存性チャネル(ligand-gated channel)

リガンドの結合によって開くイオンチャネル受容体イオンチャネルの性質を併せ持つタンパク質受容体作動性イオンチャネルリガンド結合型チャネルとも呼ばれる。*1

アセチルコリン受容体など。電位依存性イオンチャネルと異なり、膜電位の変化は不要である。*2

イオンを通過させるポアと呼ばれる構造があり、ゲートと呼ばれる部分の開閉によってイオンの流れを制御して、膜内外における電位やイオン濃度の変化を引き起こし、迅速に情報を伝達する。*3

*1イオンチャネルとチャネル病 齊田孝市 帝京短期大学ライフケア学科: http://www.teikyo-jc.ac.jp/app/wp-content/uploads/2018/08/journal2014_149-152.pdf
*2国立大学法人 東京医科歯科大学 教養部 生物学分野 神経による筋収縮の指令(伝達): http://www.tmd.ac.jp/artsci/biol/pdf2/transmitter.pdf
*31つの受容体がさまざまな刺激に応答できる仕組みの一端を解明 | 理化学研究所: http://www.riken.jp/pr/press/2013/20130423_1/

リガンド依存性チャネルに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-05-04 (土) 10:28:33