健康用語WEB事典

リキュール(liqueur)

糖類などを原料とした混成酒で、エキス分が2度以上のもの。*1

酒税法第3条1項21号では「類と糖類その他の物品を原料とした類でエキス分が2度以上のもの(清酒合成清酒?焼酎みりんビール果実酒?甘味果実酒?ウイスキーブランデー原料用アルコール発泡酒、その他の醸造酒粉末酒?を除く。)」と規定される。*2

植物の有効成分が溶け込んでいるがラテン語の「溶け込ませる」の意味であるリケファセレ(Liquefacere)と呼ばれ、それがフランス風に訛ったものがリキュールの名前の由来と考えられている。

梅酒杏酒?薬味酒?などは国産のリキュール。

*1国税庁 お酒に関する情報 第1章 酒類の商品知識等: https://www.nta.go.jp/taxes/sake/hambai/moderutekisuto/pdf/h29_02_2.pdf
*2独立行政法人酒類総合研究所 酒類総合研究所情報誌 お酒のはなし リキュール: https://www.nrib.go.jp/sake/pdf/SakeNo06.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


リキュールに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-01-03 (金) 07:44:54