健康用語WEB事典

リジノアラニン(lysinoalanine)

カゼインを強塩基性の環境下で90℃または中性に近い状態でのオートクレーブ(高圧蒸気滅菌)によって、タンパク質中に生成される物質。

市販食品中のカゼインカゼインカルシウム?カゼインナトリウムに含まれる。家庭で調理したフランクフルトや鶏肉、卵白にも確認される。*1

*1GRAS Substances (SCOGS) Database > Select Committee on GRAS Substances (SCOGS) Opinion: Calcium caseinate; Casein; Sodium caseinate: https://www.fda.gov/food/ingredientspackaginglabeling/gras/scogs/ucm260879.htm

ご意見・ご要望をお聞かせください。


リジノアラニンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:08:09