健康用語WEB事典

リステリア・モノサイトゲネス(Listeria monocytogenes)

リステリア症の原因。低温増殖性であり、主に非加熱喫食食品で繁殖する。国内では稀だが、欧米では食中毒の原因として多い。*1*2

細胞内へ侵入するとActAをその表面に発現し、これが宿主細胞Arp2/3複合体?およびVASP?と結合して菌体の一極にアクチン重合を誘導する。このアクチン重合を繰り返す反動によって細胞内を運動し、さらに細胞から細胞へと感染を拡大する。*3

また、このActAArp2/3複合体?およびVASP?への結合によってオートファジーによる異物認識を免れていることが確認されている。

*1細胞内寄生菌感染症と免疫応答 光山正雄(京都大学大学院医学研究科・感染・免疫学教授): http://www.saitama-med.ac.jp/jsms/vol30/01/30_080_090.pdf
*2リステリア・モノサイトゲネス | 食品微生物学研究室 | Laboratory of Food Microbiology: http://www2.kaiyodai.ac.jp/~kimubo/research/torikumi/1.html
*3病原細菌の巧妙なオートファジー回避機構の発見|東京大学医科学研究所: https://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/research/papers/post_18.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


リステリア・モノサイトゲネスに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-05-02 (土) 11:19:48