健康用語WEB事典

リゾホスファチジルコリン(lysophosphatidylcholines : LPC)

ホスファチジルコリンレシチン)が持つ脂肪酸のひとつが加水分解された誘導体リゾレシチンとも呼ばれる。

リゾホスファチジルコリン(リゾレシチン)の化学構造

Rには脂肪酸が結合する。

リゾホスホリパーゼによってグリセロホスホコリン代謝される。*1

*1KAKEN — 研究課題をさがす | リン脂質のリサイクル (KAKENHI-PROJECT-15K14957): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-15K14957/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


リゾホスファチジルコリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filelysophosphatidylcholine.png 閲覧数 248回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-09-30 (日) 09:06:04