健康用語WEB事典

リゾホスファチジン酸(lysophosphatidic acid : LPA)

リン酸グリセロール脂肪酸が結合した構造を持つリン脂質アシルCoAアシル基アシルトランスフェラーゼによってグリセロールリン酸へ結合してできるリゾリン脂質*1

リゾホスファチジン酸アシルトランスフェラーゼによってsn-2位アシル基が結合されてホスファチジン酸となる。*2

リゾホスファチジン酸の化学構造

血清中に大量に存在する。細胞増殖、血小板凝集平滑筋収縮、がん浸潤促進などに関わる。*3

RhoARac1の活性化を介して細胞運動性を促進する。ホジキンリンパ腫グリオブラストーマに高発現しており、これらの細胞の運動性をLPA1を介して促進する。

リゾホスファチジン酸の作用は細胞表面のGタンパク質共役型受容体を介して発揮されるが、その受容体として以下の種類が知られている。

*1星薬科大学 脂質異常症(高脂血症): http://polaris.hoshi.ac.jp/openresearch/huyperdipidemia.html
*2リゾリン脂質アシル転移酵素研究の新展開 進藤英雄 清水孝雄: http://lifesciencedb.jp/dbsearch/Literature/get_pne_cgpdf.php?year=2009&number=5402&file=2aRx2wkCAPTTNAbvD7v27A==
*3東北大学大学院薬学研究科 分子細胞生化学分野 生理活性リゾリン脂質の新しい機能に関する研究: http://www.pharm.tohoku.ac.jp/~seika/H24/Research.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


リゾホスファチジン酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filelysophosphatidic_acid.png 閲覧数 262回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-11-16 (土) 11:18:10