健康用語WEB事典

リファンピシン(rifampicin)

抗生物質のひとつ。結核ハンセン病などの治療に用いられる。肝臓CYP3Aなどの薬物代謝酵素を誘導して併用された薬物代謝を亢進させる。*1

リファンピシンの化学構造

アミロイドβタウタンパク質α-シヌクレインオリゴマー形成を抑えて認知症を予防する作用を持つことが報告されている。リファンピシンを服用していたハンセン病患者は認知症になる頻度が低いことが報告されている。*2

*1リファンピシン併用によりジヒドロピリジン系カルシウム拮抗薬の降圧効果の減弱が認められた高齢高血圧患者の4例: https://www.jstage.jst.go.jp/article/geriatrics1964/33/9/33_9_692/_article/-char/ja/
*2既存医薬品リファンピシンに広い認知症予防効果を確認 — 大阪市立大学: https://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/2015/160329-1

ご意見・ご要望をお聞かせください。


リファンピシンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




添付ファイル: filerifampicin.png 閲覧数 170回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-04-23 (火) 12:54:41