リポアラビノマンナン(lipoarabinomannan : LAM)

結核菌に最も多く含まれる水溶性のリポグリカン糖脂質)。丸山ワクチン?の主成分。*1

デクチン-2?リガンドであり、樹状細胞の活性化に必要。同時に、樹状細胞IL-10分泌させて過剰な免疫を抑える働きを持つ。

*1九州大学 結核菌成分を認識して免疫系を活性化する受容体を発見 〜ワクチンの効果を高めるはたらき〜: http://www.chiba-u.ac.jp/general/publicity/press/files/2014/20140825ke.pdf

リポアラビノマンナンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-06-11 (月) 07:31:17