健康用語WEB事典

リポカリン(lipocalin)

タンパク質ファミリーのひとつ。疎水性分子と結合して、それを運ぶ役割を持つ。

レチノール結合タンパク質(RBP)や主要尿タンパク質(MUP)など。*1

リポカリンファミリー分子とは、疎水性結合部位を持つ8つのストランドから構成されるβバレル構造という共通の構造を有している。この構造によって、リポカリンファミリー分子は、疎水性の低分子と結合し、様々な疎水性物質のキャリアーとして働くと考えられている。*2

*1Retinol Binding Protein and Its Interaction with Transthyretin - Madame Curie Bioscience Database - NCBI Bookshelf: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK6223/
*2岐阜薬大学術リポジトリ リポカリンファミリー分子MUP1の糖・脂質代謝における役割に関する研究: https://gifu-pu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=13024&item_no=1&page_id=13&block_id=51

ご意見・ご要望をお聞かせください。


リポカリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2018-08-11 (土) 11:49:14