健康用語WEB事典

リポカリン2(lipocalin 2)

肝細胞から分泌され、細菌シデロフォアに結合し、そのの利用を阻害するタンパク質好中球ゼラチナーゼ結合性リポカリンNGAL)とも。*1

マラリア原虫に対する防御作用を発揮することが報告されている。*2

*1鉄代謝研究の進歩と鉄不応性貧血・感染防御への関わり 大阪市立大学・大学院医学研究科分子制御分野 菱川恭子 岩井一宏: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsci/28/6/28_6_372/_pdf
*2マラリア感染に対する免疫反応強化の仕組みを解明―“リポカリン2”が マラリア治療の鍵を握る― — 大阪大学: http://www.osaka-u.ac.jp/ja/news/ResearchRelease/2012/11/20121119_1

ご意見・ご要望をお聞かせください。


リポカリン2に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-12-31 (火) 09:03:49