健康用語WEB事典

ルキソリチニブ(ruxolitinib)

JAK1およびJAK2に対する阻害剤国食品医薬品局(FDA)から2011年に骨髄線維症に対して認可された。真性多血症にも用いられる。商品名はジャカビ*1*2

ルキソリチニブの化学構造

変異の有無に関わらず、野生型および変異型のどちらのJAK2も阻害する。主にCYP3A4によって代謝され、CYP2C9もわずかに寄与する。*3

*1白血病および白血病類縁疾患における分子標的治療 岡山大学病院 血液・腫瘍内科 前田嘉信 谷本光音: http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/5/52324/20160528114710961785/126_49.pdf
*2ジャカビ錠5mg/ジャカビ錠10mg: https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/4291034F1029_1_08/
*3JAK 阻害薬ルキソリチニブ(ジャカビ錠®)の薬理学的特長および臨床成績 田中基晴 池田七 田原さやか: https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/146/1/146_54/_pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ルキソリチニブに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileruxolitinib.png 閲覧数 31回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-05-11 (月) 10:19:27