健康用語WEB事典

ルメファントリン(lumefantrine)

マラリア作用を有する有機化合物

ルメファントリンの化学構造

食胞でのヘモグロビンの分解過程で、有毒な中間生成体であるヘムから毒性のないヘモゾインへの重合過程を阻害することで抗マラリア活性を発揮すると考えられている。*1

*1リアメット配合錠: https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/6419102F1024_1_03/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ルメファントリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filelumefantrine.png 閲覧数 11回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-07-06 (月) 14:41:36