健康用語WEB事典

レシキモド(resiquimod)

イミダゾキノリン誘導体のひとつ。

レシキモドの化学構造

TLR7アゴニストとなる。マウスへの低濃度の全身投与は、血中サイトカイン産生に影響を与えず、樹状細胞を早期に活性化し、制御性T細胞の誘導を抑えてキラーT細胞がん周囲への集積を増強させることによる抗がん作用が報告されている。*1

T細胞B細胞を活性化するアジュバントとしての効果が報告されている。*2

*1国立大学法人 東京医科歯科大学「低濃度TLR7アゴニスト投与は免疫チェックポイント療法の感受性を高める」新たな免疫チェックポイント併用薬としての可能性: http://www.tmd.ac.jp/archive-tmdu/kouhou/20180201_1.pdf
*2KAKEN — 研究課題をさがす | 2013 年度 実績報告書 (KAKENHI-PROJECT-24226019): https://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-PROJECT-24226019/242260192013jisseki/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


レシキモドに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileresiquimod.png 閲覧数 2回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-12-01 (日) 08:51:37