健康用語WEB事典

レチニルエステル(retinyl ester)

レチノールビタミンA)と脂肪酸エステル。食品に含まれるレチニルエステルは十二指腸で吸収され、レチノールに変換される。*1

小腸において、レチニルエステルヒドロラーゼによって吸収される。

主として動物性食品に含まれるレチニル脂肪酸エステル小腸吸収上皮細胞において、刷子縁膜に局在するレチニルエステル加水分解酵素によりレチノールとなって細胞内に取り込まれる。レチノールの吸収率は 70~90% である。*2

*1ビタミンA | 海外の情報 | 医療関係者の方へ | 「統合医療」情報発信サイト 厚生労働省 「統合医療」に係る情報発信等推進事業: http://www.ejim.ncgg.go.jp/pro/overseas/c03/13.html
*2厚生労働省 ビタミン: http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/dl/s0529-4i.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


レチニルエステルに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:08:17