レチノール結合タンパク質(retinol-binding proteins : RBP)

リポカリンのひとつ。主に肝臓で生成され、目的の細胞ビタミンAレチノール)を輸送する役割を持つ。血漿中ではトランスサイレチンと複合体を形成する。*1

腸管より吸収されたレチノールはいったん肝臓に貯蔵され、RBPと結合して血中に分泌されるため、血中ビタミンA濃?度はのRBP生成能と密接な関連を有する。また、RBPの生成自体は肝細胞ビタミンAレベルによる調節を受けており、ビタミンAとRBPの動きは並行する場合が多い。*2

*1Retinol Binding Protein and Its Interaction with Transthyretin - Madame Curie Bioscience Database - NCBI Bookshelf: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK6223/
*2レチノール結合蛋白: https://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/kensa/sisitu/rbp.htm

レチノール結合タンパク質に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:08:18